慶弔会席 ハレの日

お食い初めは経験豊富なスタッフがお手伝いさせていただきます
お七夜生後7日目生まれた日を1日目として、7日目の夜に赤ちゃんの命名を祝います。
命名書を、神棚や床の間に飾り、尾頭つきの鯛や赤飯を用意します。
命名紙
手形、足型
お宮参り生後30日前後氏神様に赤ちゃんの誕生を報告します。
父方の祖母が、母方の実家から送られた祝い着をきた赤ちゃんを
抱く慣わしがあります。
でんでん太鼓
犬張子
のし扇子
お食い初め生後100日目前後祝い膳(尾頭つきの鯛の焼き物・煮物・香の物・汁物・赤飯)を用意して、
赤ちゃんに食べるまねごとをさせます。
食べるものに困らないように、ごはん粒をひとつ口に入れる風習もあります。
お食い初め膳
初節句 
女の子
生後1回目の
3月3日
女の子の成長をお祝いする「桃の節句」。
雛人形には、女の子の身代わりになって病気や災いを引き受けさせる
意味があります。
ひな飾り
初節句 
男の子
生後1回目の
5月5日
男の子の成長を盛大にお祝いする行事で、命を守る「鎧」や「兜」や
「武者人形」、立身出世を願って「こいのぼり」を飾ります。
「端午(たんご)の節句」「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも。
五月人形
こいのぼり
初誕生1歳の
誕生日
1歳の誕生日を無事に迎えられたことお祝いします。
一生食べるのに困らないようにという願いを込めて、
一升餅を子供に背負わせて歩かせるならわしがある地域もあります。
一升餅
七五三男の子(5歳)
女の子(3歳と7歳)
子どもも成長を、氏神様に感謝する意味が込められています。
5歳の男の子は袴を、3歳の女の子は晴れ着に帯を結ばず被布をはおり、
7歳の女の子は振り袖を着ます。
千歳飴